1934年型フォード
1934 Ford

1934年型フォード / 1934 Ford image
画像拡大
資料番号/Collection ID
21650439
大分類/Category
静止画 / Still Picture
小分類/Sub Category
写真
種別/Type
プリント
作者(文書は差出人)
Creator
師岡宏次
年代
Creation Date
昭和前期 昭和11年 1936 20世紀
員数/Number
1枚
法量/Size
30.5 cm x 25.5 cm
資料群/コレクション名/Materials group/Collection
師岡宏次コレクション
解説/Description
本資料は、1936年(昭和11)に写真家の師岡宏次が日比谷交差点付近で撮影した風景写真である。写っているのは1934年(昭和9)に生産されたモデルのフォードで、車内に「空車」という札が立てかけてあることから、タクシーとして営業していることがわかる。この頃の東京のタクシーは、市内のどこへでも1円で乗車することができる料金制度にちなみ「円タク」の通称で親しまれていた。実際は乗客と乗務員の交渉で運賃が決まったため、銀座から東京駅まで30銭ほどで乗車できたそうだ。
This photograph was taken by the photographer, K?ji Morooka, near Hibiya intersection in 1936 (Sh?wa 11) . The car seen in the photograph is a Ford model produced in 1934 (Sh?wa 9). From the sign inside the car which says "vacant", we can see that the car was used as a taxi. Taxis in Tokyo at the time were called "entaku" (one-yen taxi) because the fare system was one yen regardless of the passenger's destination in the Tokyo area. In reality, the fare was determined by negotiation between the passenger and the driver, so the actual fare was much cheaper. According to Tokyo City's "Survey Result of the Taxi Business" in May 1935 (Sh?wa 10), a driver's earnings per passenger was 0.265 yen.