大願成就有ケ瀧縞 金太郎 鯉つかみ
Daigan Jouju Arigataki Jima, Kintaro Catching a Koi Fish

大願成就有ケ瀧縞 金太郎 鯉つかみ / Daigan Jouju Arigataki Jima,
Kintaro Catching a Koi Fish image
画像拡大
資料番号/Collection ID
21200001
大分類/Category
絵画 / Painting&Print
小分類/Sub Category
版画
種別/Type
錦絵
作者(文書は差出人)
Creator
歌川国芳/画 伊場屋仙三郎/版 彫工房次郎/彫
年代
Creation Date
江戸時代 弘化
員数/Number
1枚
法量/Size
36.9 cm x 24.2 cm
解説/Description
琴を抱えた少女が振り返る。それに呼応するように画面左のこま絵には金太郎が鯉をつかみむ様子が描かれる。振袖の瀧縞は滝に、帯の絞りは水しぶきに、琴袋(ことぶくろ)にあしらわれた菖蒲革(しょうぶかわ)模様は鯉の鱗(うろこ)にそれぞれ見立てられている。金太郎と鯉のモチーフは男子の立身出世を象徴する。この少女の願いは、琴の習得により自身の将来が開かれることであろうか。
『大願成就有ヶ瀧縞』とは、10枚揃いの錦絵のこと。瀧縞(たきしま)の衣装をまとう当世美人と瀧にまつわる説話等を題材にしたこま絵が描かれた。
A girl holding a koto turns back. As if showing off to the girl, Kintaro is depicted catching a koi fish in the koma-e (small inserted illustration) on the left. The takishima design on the girl's kimono sleeves suggests a waterfall; the tie-dye on her obi suggests water splashes; and the iris patterned leather design on her koto bag suggests the scales of a koi fish. Kintaro and a koi fish are motifs that symbolize success in life. Perhaps, the girl's wish is to pursue her own successful life by improving her koto skills.
""Daigan Jouju Arigataki Jima"" is a series of ten nishiki-e prints. The series portrays beauties wearing takishima designed clothing and koma-e related to anecdotes regarding waterfalls.